お勧めの喜寿祝いプレゼント

数え年で七十七歳を祝う喜寿だからこそ、特別なプレゼントの出番です。
ただ若い世代とは違って七十七歳まで生きると、欲しいものがないと答える人も少なくありません。特に子どもからプレゼントに欲しいものを訊ねられると、気持ちだけもらっておくと言う人も少なからず存在します。そんなケースでは贈る側が知恵を絞る必要が出てきますが、七十七歳ともなると必要なものは自分のお金で買うことができる年齢なので、実用品を送ってもすでに持っているパターンが考えられます。
つまり相手が持っていない物を探して贈るという発想ではなく、喜寿の記念になりそうなものを用意するのが重要です。
特に喜ばれやすいのが、フォトアルバムです。
これまでの家族写真を選りすぐって作成するフォトアルバムはプレゼントとしても非常に優秀ですが、昔の懐かしい写真があるとその場にいる家族全員の会話もはずみます。最近の写真だとデジカメ等でデータとして保存しているケースも多いので、喜寿を迎えたお年寄りでも簡単に見ることが出来る紙媒体のアルバムは貴重な記念品です。
またフォトアルバムのページすべてを写真で埋めるのではなく、写真の貼っていないページを半分ほど残しておくことで、これからも思い出を一緒に作っていこうというメッセージにもなります。
これ以外にも記念品としておすすめなのが、名前入りのプレゼントや似顔絵などです。これらのプレゼントもアルバム同様に、喜寿のお祝いのために用意したと伝わるプレゼントです。

古希祝いはどんなお祝い?プレゼントを贈る前に必見です

古稀とは、数えで70歳になった節目の、長寿のお祝いのことです。本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢でお祝いすることも多くなっています。還暦のお祝いが「赤」であるのに対し、古稀のお祝いは「紫」が長寿祝いの色とされています。
「古稀」という言葉は、中国の唐時代の詩人であった杜甫の、「人生七十古来稀なり」という詩の一節に由来しています。
長寿のお祝いとして一番早いのは還暦の60歳ですが、60歳はまだまだ仕事など現役の方も多く、長寿としてのお祝いという意味では古稀からが本格的なお祝いになることも多いようです。

70歳ともなると、人それぞれ健康状態も違ってくるものです。本人の希望を尊重して、あまり本人の負担にならないお祝いの形をとるのがベストです。
古稀祝いの一般的な相場としては、両親なら2~3万円、祖父母なら1~2万円、親せきなら1万円前後、それ以外の方であれば数千円程度で良いとされています。せっかくの長寿のお祝いなので、消耗品や生活用品などの合理的なものではなく、形に残るものであったり、旅行や少し豪華な食事会など、本人の負担にならない程度で思い出に残るものをプレゼントするのがおすすめです。
お祝いの色が紫とされているので、どこかに紫色の入ったものをプレゼントするのも粋なものです。

どのようなプレゼントであれ、本人が一生忘れないような、心に残るプレゼントを贈りたいものです。また、金額は高価なものでなくても、これからも健康で元気にいて欲しいという「気持ち」を伝えることが大切です。

Hogyan készül a sör fun


《Hogyan készítsünk》
Azt mondta, hogy a sörgyár sörgyár.
Sörfőzés otthon is lehetséges, amíg nem korlátozza a törvény, mint a történelem, a sör már tett ilyen sok sört.
Azt mondjuk, hogy a főzet-house sör és sör annak érdekében, hogy fogyaszt non-profit a lakásban.
Japánban, hogy a személy nem rendelkezik engedéllyel folyadékot főzni több mint 1%-os alkohol tilos.
Bár lehet vásárolni és eladni berendezések főzés house, hogy megfelelően főzött határain belül a törvény marad a felhasználó számára.
Ez népszerű Európában és azzal a kiegészítéssel, a gyümölcs-és sör gyümölcslé a főzési folyamat, valamint azzal a kiegészítéssel, fűszerek, fűszer sör, a japán jogot kezelni, mint az alacsony maláta sör, nem sör.

1.Zúzott maláta
Az első lépés a főzetkészítő a sör teszi sörcefrét használjon meleg vizet és egy keményítő forrás.
Az árpamaláta-keményítő forrás használat során.
Eltávolítása után az idegen test por, malátát összezúzzuk, hogy megfelelő méretű cukrosítás és szűrés.
Az endospermium finomra őröljük könnyebb cukrosítás.
Másrészről, a héj bőr kell lennünk elhagyására lehetőséget a formában annak érdekében, hogy hozzon létre egy 滤膜 sörlé szűrési lépés.
Nyomás alatti szűréssel módszer nem igényli a képződését a teljes 滤膜 maláta finomra őrölt, de.
Azt mondta, hogy a maláta őrlemény őröljük.
Grist összekeverik meleg vízzel egy edényben úgynevezett mash Tan.
Azt mondta, hogy a forró víz áztatás likőr Grist, azt mondta, hogy a cefre keverék meleg víz és őrlemény.

2.cukrosítás
Őrlemény és folyadék ki nem kevert, poliszacharidok, például a keményítő és az oldható fehérje szereplő maláta olvad.
Maltóz kis molekulatömegű poliszacharid termelése az enzim szolubilizáljuk a maláta lebomlik.
Azt mondta, hogy a cukrosítás bomlásának poliszacharidok.
Enzyme inaktiváljuk forró a cefre, valószínűleg előre minőségi keményítő cukrosítás feloldódik.
Származó cefrét cukrosítás befejeződött szilárd, mint a gabona eltávolítjuk, erjeszthető sörlé hasznosítják.
Gyakran a szűrőkeretet elkülöníthető legfeljebb őrlemény finomabb használt főzetkészítő, ami már folyamatban van.
Szemek mossuk forró vízben nak nevezett művelet bekeverés, mi megtérülő cefre.
Kezdőár-víz elegy-ben adunk a sörlé és bekeverés Mi szemek szűréssel elválasztjuk.

3.forrás
Gyűjtjük egy tartályban nevű és réz vízforraló, a sörcefrét forraljuk egy órán át.
Meg kell, hogy inaktiváljuk az enzimet nedvesség pároljuk forralással a cefre, oldott anyag marad, kezdve cukrot koncentrálódott, maradó a sörlé az cukrosítás szakasz egy időben.
Különben sterilizálás, koaguláció a fehérjék, fokozott színtelítettség, egy pH csökkenése, mint például a szórt bomlás és zamatanyagok kellemetlen történik forrásig.
Azt is hozzátette, közben forró komló.
Azáltal, forró a komló keserű erősíti a izomerizációja humulont a komló válik isohumulone.
Forrási idő, de erősebb lesz hosszabb a keserű, íze és aromája a komló is gyenge.

4.lehűlés
Hűtjük való felkészülés erjesztés által élesztő, sörcefrét forralás befejeződik, a koaguláció fehérjék és polifenolok oldhatóság csökken ebben az időben.
A sörfőzde sörcefrét révén hop hátsó további kezelt komló.
A tartály tele komló, komló vissza, vagy funkciók a szűrő vagy az íz.
Sok sörfőzdék nem használnak hop vissza, akkor hűtjük a cefre a fermentorban, de egyszerű.
Annak érdekében, hogy az oxigén kínálat szükséges a növekedés az élesztő akkori steril levegőt vezetünk át a lehűtött sörlé.

5.erjedés
Kezdődik erjedés élesztő adunk a cefre a fermentor áthalad a levegő, kezdődik a sarjadzó élesztő.
Mivel a folyadék hőmérséklete a hő hatására generációjának erjedés, szükséges, hogy ellenőrizzék a fermentációs hőmérséklet hűtéssel.
Az az idő, a fermentációs függ a típusától és koncentrációjától sör élesztő.
Hívtam a fiatal sört fermentált folyékony befejeződött.
Amellett, hogy a alkoholos erjedés és finomításához fiatal sör egykor vége a fermentáció számára részecskék a sörlé leülepedni.
A fermentációt végezhetjük két szakaszban (öregedés) másodlagos erjedés és primer fermentációs (fő erjedés).
Alkoholokat leginkább generálja a elsődleges erjesztés.
Fermentlé, az áthelyezésre kerül az új tartály év.
Ha meg kell tenni az idő, hogy csomagolás öregedés elvégezni, ha további tisztázásra van szükség.
A fiatal sör anyagot tartalmaz sem öregedett prekurzor diacetil, acetaldehid, és a hidrogén-szulfid.
További erjedés visszamaradt anyag előleg, ezek az anyagok lebomlik folyamatban öregedés elragadta által a folyadék ki a szén-dioxid által erjesztés.
Kicsapjuk csökkentésével a hőmérsékletet körülbelül 1 ~ -1 ℃, fehérjék okozó zavarosság, és ülepedés néhány élesztő.
Küldött a folyamathoz adszorbeálásával egy protein termék szilikagél befejezése után az idős sör is, szűrjük.
Annak érdekében, hogy elnyomja a tevékenységét az élesztő öregedés után, pasztőrözés melegítjük mintegy 60 ° végzik.
Sör nélkül e hőkezelés azért végzik, hogy eltávolításához élesztő egy speciális szűrés berendezés egy úgynevezett csapolt sör.
Ez a megnevezés a japán szabványok, de szabványok változik országonként. Van egy sör, amely nem teljesen megszabadulni az élesztő is.

《作り方》
ビール醸造所のことをブルワリーといいます。
法律などで制限されていない限り家庭でもビールの醸造は可能で、ビールの歴史の中ではそのようなビールもたくさん作られて来ました。
家庭内で消費するため非営利的にビールなどを醸造することを自家醸造と言います。
日本では、免許を持たない人がアルコール度数1%以上の酒類を醸造することは禁じられています。
自家醸造用の道具を売り買いすることは可能ですが、きちんと法律の範囲内で醸造するかどうかは使用者に委ねられています。
醸造過程で果汁などを添加したフルーツビールや、香辛料を添加したスパイスビールなどもヨーロッパではポピュラーですが、日本の法律上はビールではなく発泡酒扱いとなります。

1.麦芽粉砕
ビールの醸造の最初の工程は、デンプン源と温水を使った麦芽汁づくりです。
普通デンプン源には大麦麦芽が使用されます。
麦芽はダスト・異物を除去した後、糖化・ろ過に適した大きさに粉砕されます。
胚乳部は糖化しやすいように細かく粉砕します。
一方、殻皮部は麦汁濾過工程で濾膜を形成させるためになるべく形を残すようにしなければなりません。
ただし濾膜形成の必要ない加圧式の濾過方法を用いる場合は麦芽全部が細かく粉砕されます。
粉砕した麦芽のことをグリストといいます。
グリストはマッシュタンと呼ばれる容器の中で温水と混合されます。
グリストを浸す温水のことをリキュールといい、グリストと温水の混合物のことをマッシュといいます。

2.糖化
グリストとリキュールが混合されると、麦芽に含まれるデンプンなどの多糖類や可溶性タンパク質が溶け出します。
多糖類は麦芽のもつ酵素により可溶化し、分解され低分子の麦芽糖が生み出されます。
この多糖類の分解のことを糖化といいます。
マッシュの煮沸によって酵素は失活しますが、でんぷん質が溶解し糖化が進みやすくなります。
糖化が終了したマッシュからは穀物粒などの固形物が取り除かれ、発酵性の麦汁が回収されます。
現在行われている醸造ではより細かいグリストまで分離できるフィルターフレームが使用されることが多いです。
穀物粒はスパージングという操作で湯洗浄し、さらに多くの麦汁を回収します。
麦汁とスパージングで加えられた湯の混合物から、穀物粒を濾過によって分離します。

3.煮沸
麦汁は湯沸し器やコッパーと呼ばれる容器に集められ、1時間程度煮沸されます。
煮沸によって麦汁中の水分が蒸発し、糖類を初めとする溶質が濃縮されて残り、同時に糖化段階から麦汁に残留した酵素を失活させます。
煮沸にはその他にも殺菌、タンパク質の凝固、色度の上昇、pHの低下、不快な香気成分の分解・飛散、などが起こります。
また、煮沸中にホップを添加します。
ホップを煮沸することで、ホップ中のフムロンが異性化し、イソフムロンになることで苦味が強まります。
煮沸時間が長いほど苦味が強くなりますが、ホップそのものの風味や香気は弱くなります。

4.冷却
煮沸の終了した麦汁は、酵母による発酵の準備のため冷却され、このとき溶解度が下がってタンパク質やポリフェノールが凝固します。
醸造所によってはホップで処理した麦汁をさらにホップバックに通します。
ホップバックはホップを満たした容器で、風味付けをしたりフィルターの機能を果たしたりします。
しかし多くの醸造所ではホップバックを使わず、単純に発酵槽で麦汁を冷却します。
その後酵母の増殖に必要な酸素を供給するため、冷却された麦汁に無菌空気が通されます。

5.発酵
空気を通された発酵槽中の麦汁には酵母が添加され、酵母が出芽を開始すると発酵が始まります。
発酵熱の発生により液温が上昇するので、冷却により発酵温度をコントロールする必要があります。
発酵に必要な時間は酵母の種類やビールの濃さによって変わってきます。
発酵が終了した液を若ビールと呼びます。
アルコール発酵に加え、麦汁内の微粒子が沈降するため一度発酵の終了した若ビールは清澄します。
発酵は一次発酵(主発酵)と二次発酵(熟成)の二段階で行われることがあります。
アルコール類は殆ど一次発酵で生成されています。
その発酵液は新しい容器に移され、熟成されます。
熟成はパッケージングまでに時間を置く必要がある場合、さらなる清澄化が必要な場合に行います。
若ビールにはジアセチル前駆体、アセトアルデヒド、硫化水素などの未熟成物質が含まれます。
熟成過程では残存物質のさらなる発酵が進み、これらの物質が分解され、発酵によって発生する炭酸ガスによって液外に運び出されます。
混濁の原因となるタンパク質は、温度を+1~-1 ℃程度に下げることにより析出し、一部の酵母とともに沈降します。
熟成の終了したビールは濾過され、またシリカゲルによってタンパク質を吸着させて製品工程に送られます。
熟成後に酵母の活動を抑えるため、60度前後に加熱する低温殺菌が行われます。
この熱処理を行わず、特殊な濾過装置で酵母を取り除くビールがいわゆる生ビールです。
ただしこの呼称は日本の基準によるものであり、国によって基準は異なります。また酵母を完全に取り除かないビールもあります。

ハンガリーで祝う還暦祝い♪

『還暦祝い』とはどんなお祝い?

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ること。通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指します。60年で干支が一回りして、生まれた年のえとに戻ることから、『還暦』というようになりました。『本卦還り』とも呼ばれています。還暦の[還]の字は、『かえる』『もどる』 という意味で、[暦]は干支を意味しています。年齢の数え方は、昭和30年過ぎまで「数え(数え年)で何歳」と表現されていました。元々、数え年における元日は当然太陰太陽暦であるいわゆる旧暦の1月1日 (旧暦)ですが、昭和30年当時既に太陽暦であるグレゴリオ暦の元日で数え年で「1つ年を取る」事は完全に定着していたので、現在では還暦や古稀について太陰暦の事を意識する必要までは無いと言えます。
現在では、数え年に代わって満年齢を用いることが多くなっため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になっています。また、120周年を大還暦、30周年を半還暦といいます。

現代では少なくなりましたが、還暦には赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾など、近親者が赤いものを贈る風習が古くからあります。還暦に赤いものが贈られる由来は、赤ちゃんに還る(生まれた年の干支に還る)という意味と、赤は魔除けの色とされていたためです。最近では、赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもあります。つまり現代社会の今も赤色は、「元気で長寿」の願いを託すことができる色なのです。その為、赤いスカーフや赤いブラウス、シャツ、バッグや小物の赤など、現代に合ったかたちの赤色のプレゼントを選ぶのが最近の傾向。ルビーに代表される赤い貴金属や、「赤」の付く地名のところへの旅行などを選ぶ方もおられます。また、ハンガリー旅行をプレゼントするのもオススメです!60歳になってもハンガリーに行ったことのある方は少ないのではないでしょうか。還暦は新しい事を始めるのにもピッタリの年齢です。ハンガリーですばらしいセカンドライフの始まりを♪

還暦祝いに、心のこもったメッセージを贈ろう♪

日本が長寿社会となった今、還暦のお祝いはご家族や内輪で行うことが多くなっているようです。
そんなシーンでは、ご本人のご挨拶もお祝いのメッセージも、形式ばった堅苦しいものではなく、
少々くだけていても、心の込もった言葉のほうがうれしいもの。使えるフレーズの実例をご紹介してみましょう。

【お祝いをされる方のメッセージ】編

『フレーズ例1』
○○さんは今もとても輝いて見えます。きっと、それは、60年という時間の中で磨きぬかれてきた豊かな人間性のためなのでしょうね!

『フレーズ例2』
私も、時間が巡って私が60歳になったとき、○○さんに負けないくらいに素敵な60歳でありたいと思います。
どうぞ、これからも、今以上に魅力的な○○さんでいてください。

『フレーズ例3』
体力的にも精神的にもまだまだ現役の○○さんのことですから、還暦は単なる通過点。
それでも、これまでの功績は決して軽いものではないことを私たちは知っています

上記の他、還暦を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードをまじえることでホットな内容のメッセージとすることができます。

【ご本人のご挨拶】編

『フレーズ例1』
「還暦」、すなわち暦を一巡りしたことを指します通り、振り返れば、数々の笑顔のシーン、
時にまじる苦労すらも今となっては、大切な思い出となって心の中を巡ります。

『フレーズ例2』
還暦と言えば、暦が戻って赤ん坊に返るとの意味合いもあるとか。
ならば、これを機に、新しい何かに挑戦してみることも 充実の生涯ためと考えています。

『フレーズ例3』
「60歳なんて、まだまだ若造!」とか、「人生これから!」という諸先輩の叱咤激励の声もあちらこちらから聞こえてきます。
いやはやまったくもってその通りと頷ける自分でありたいものと、実は最近~(新しく始めた事柄があるなら、その内容を簡単に紹介)。

実は厄年の「60歳」

長寿祝いの中でも、年齢が若いだけに慣習としての誕生も早い還暦祝い。日本全国に目を向ければさまざまなお祝いのかたちがあります。「祝い」と呼ばずに「振る舞い」を付けて「還暦振る舞い」と呼ぶのも、そうした地方色豊かな長寿祝いのかたちです。しかも、この還暦振る舞いは、全国各地に散見できます。では、なぜ「祝い」ではなく、「振る舞い」なのでしょう。これは、60歳という年齢に対する考え方に理由があります。「還暦」や「本卦帰り」は暦の一回りであり、前項でもご紹介した「華甲」は縁起の良い文字を選んだ結果の呼称ですが、実はこうした考え方とは別に、60歳を特別な年齢ととらえる習慣が古くからあるのです。それは「厄」という考え。「厄」と言えば「厄年」、男性の場合は数え年42歳、女性の場合は数え年33歳…確かに、こちらのほうがよく話題にされます。しかし、実のところ人生には数回の厄年があり、その中でも大厄とされるのが42歳と33歳というのが正解。そして、男性にとっては60歳もまた「厄年」なのです。もっとも、厄年の正しい考え方すれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。疑問もごもっともです。しかし、昔は長寿祝いもまた数え年で行うもの、すなわち還暦祝いもまた数え年の60歳で行っていたためにちゃんと一致するのです。そして、この「厄年」の考え方から発生したのが還暦祝いの一つのかたち、すなわち「振る舞い」というわけです。

「振る舞」うことで厄落とし

では、「祝い」と「振る舞い」では、どう違うか。まずは、その問題から考えましょう。実のところ、この2つに明確な定義分けや分類分けがあるわけではありません。ただ、「還暦祝い」の場合には、(長寿を祝ってもらう立場の)主役はお祝いを受け取るという受け身の立場であるイメージが強く、実際にそうしたスタンスでお祝い会などが行われるのではないでしょうか。むしろ、それが普通のかたちで、今時風の表現をすれば、主役に対する“サプライズ”も、こうした考えのもとで企画されたりするものでしょう。これに対し、「振る舞い」はその多くの場合が“主役が周囲に働きかける”かたちで行われます。つまり、主役=主催者。すなわち主役がお客に対して食事やお酒などを「振る舞」うわけです。では、なぜ、祝われる立場の主役がこうしたもてなしをするのでしょうか。ここで「厄」の考え方が出てきます。もともと「厄年」の際には「厄祝い」「厄払い」と称し、親類縁者やご近所の方々を招いての宴の催す習慣が昔からあります。これには、自分の「厄」を宴に参加した人々に少しずつ持ち帰ってもらい、「厄年」の災いを軽減しようという発想があります。そして厄を引き受けてもらうお礼に酒食やお土産を提供するわけです。この「厄祝い」「厄払い」を(男性の厄年の)60歳にも、厄年祝いとしての「振る舞い」をしょうというのが「還暦振る舞い」というわけです。そのため、還暦振る舞いの場合は男性のみに限定されてきた例が多く、現在でも男性に行事に限っている地域もあります。しかし、男女平等の考えから、現在では性別を問わない「還暦祝い」として行う地域も増えてきているようです。

ハンガリー料理でお祝いを♪

100歳のお祝い『百寿』の由来・歴史とは?

百寿のお祝いは、数え年100歳の長寿を祝う儀礼です。別名「百賀の祝い」とも言われます。日本で現在、100歳以上の高齢者は2万3千人以上いらっしゃるそうで、うち8割以上は女性です。10年前は5~6万人でしたから、かなりの勢いで増加しています。百寿のお祝い以降は、毎年祝うのですが、こうした現代の日本社会の急速な高齢化を鑑みますと、「百寿」を迎えられる方もさほど珍しくなくなっていくのでしょうか?それでも、百寿のお祝いでは心より尊敬の念をいただかずにはおれません。

昔は人の寿命が今よりずっと短かったことは、皆さんもご存じでしょう。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったといいます。そうした習慣が伝わってきたのが日本の百寿祝いの起こりです。その後、平均寿命が延びて行くとともに、77歳=喜寿からの長寿祝いが日本で独自に発生。百寿もその一つです。ただし、その習慣が定着した時期については、実のところはっきりしていません。ただ、70歳の古希祝いが発生したのが室町時代と推定されていますから、それ以降であることは確かでしょう。

百寿に贈りたい純白のプレゼント♪

百寿のお祝いに関しては、お酒のギフトを贈る人も多いです。お酒の好きな人には、お祝いの言葉を書いた新潟の純米酒はどうでしょうか。酒飲みやとっくり、などもプレゼントには最適です。100才まで生きた先人に敬意を表し、素敵なお祝いになることをしてあげてください。百寿祝いとして新潟の純米酒をプレゼントすればとっても喜んでもらえると思います。ついでに白いちゃんちゃんこを着てもらって祝い、百寿祝いには百寿の記念に写真を撮るのがいいかもしれません。ハンガリー旅行がオススメです!と、いいたいところですが、やはり100歳となると長旅はなかなか難しいもの。そこで、旅行気分を味わっていただくためにハンガリー料理でお祝いするのがオススメです。珍しいハンガリー料理で思い出に残る百寿祝いを♪

長寿祝いのプレゼント専門店
還暦祝い館 | 古希祝い館 | 喜寿祝い館